医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛にはメリットもデメリットも存在します。
メリットに関しては、特に安全性の高さでは定評があります。
強い出力という点においては、不安もありますが、強いからこそ短期間、短時間での高い効果も得られますし、医師の免許がなければ施術できないことになっています。
肌トラブルが比較的少ない、もしその場でトラブルがあったとしても、すぐに対処ができるのも医師ならではの腕です。
衛生管理もしっかりしている病院での医療脱毛に関しては、安心・迅速・衛生面でのメリットが大きいとされています。
特に男性の脱毛の場合、ストイックな脱毛という点においても、医療脱毛の永久的な脱毛はオススメです。
残念ながら、永久脱毛というには、まだ長い歴史があるわけではないですから、しっかりとした証明は難しいですが、長くて10年間は大丈夫という体験者の口コミもあります。
この方は、約1年かけて医療脱毛を行ったのが10年前。
現在も毛は生えてこないという実証があります。
そんな医療脱毛のデメリットも探してみましょう。
よく医療脱毛のデメリットの筆頭に挙がるのが痛みです。
レーザーの出力が高い分、ヒリヒリのような痛みかあり、個人によっては強烈と感じる肩もいらっしゃいます。
病院によっては、麻酔を施す場合もありますが、そうではない場合は医療脱毛行為に対して、恐怖感があるという口コミもあります。
効果が高いので、仕方の無いことですが、ある程度の覚悟は必要かもしれません。
エステと比較をして高いという指摘に対しては、一回の料金が高いだけで、総合的な金額を見ると、一概にデメリットとはいえない部分もあります。
この金額については、回数をかけて考えてみたほうがよく、回数が少なければ、デメリットからメリットに変わることもあります。