医療レーザー脱毛器の種類

医療脱毛の種類としては、レーザー脱毛と針脱毛に大きく分けることができます。
現在は、レーザーが主流ですが、以前までは、電気針を使っての1本1本の脱毛が主なものでした。
この針脱毛も無くなったわけではなく、今も針脱毛で行なっているところもあります。
なぜレーザーが主流になったかというと、技術革新と痛みが少ないこと、短時間でキレイになることが挙げられます。
そのレーザー脱毛器にもいくつか種類があります。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ロングパルスヤグレーザーなどがあり、それぞれに特徴がありますが、高い脱毛効果があるものとして、ダイオードレーザーがあります。
他のレーザーでうまくいかなかった時に行うダイオードレーザーは、優れた脱毛効果で、日本の医療機関での医療脱毛として多く使われています。
医療脱毛では、何よりも高い効果が期待されているものですから、強い出力をだし、それでいて肌にやさしいというところまでが要求されます。
半導体を利用したもので、様々な肌のタイプの方にも応用でき、世界的にも認められた医療脱毛器械です。
また、アレキサンドライトレーザーもアレキサンドライトという宝石を利用したもので、レーザーの照射とともに冷却ガスを噴射し、痛みを軽減できるというメリットを持っています。
ですから、アレキサンドライトレーザーで脱毛、残った部分をダイオードレーザーで仕上げるといった方法が、現在の医療脱毛の永久脱毛という位置づけになっているようです。
医療脱毛と一口に言っても、このような種類がありますから、検討材料の一つとして、参考にしてみてください。